USBAudio

http://www.arvel.co.jp/equip/shu/other/hamu02.html
Arvel USB to Audio converter
Skype用にコレをかったんだけれども、これが動作している間中CPU負荷が上がりまくる、具体的には100%に張り付く。おうちのPCはPentiumのちょっといい奴だよ(;´Д`)ありえない!
ソフトウェアでほとんど処理しているからだろうけど、ちょっとなあ…。


1500円くらいだったので仕方ないだろうか、便利は便利なので、負荷が低い奴ないかな。

  • -

CreativeのExtigy(USB接続のSoundBlaster)が眠っていることを思い出して引っ張り出してきた。ドライバのCDROMが見つからないが、とりあえずつないでみた、…USBオーディオとして認識した!

ためしにWinampで音楽を再生…あれ?CPU負荷高いな、多分ドライバがいけないのだな。
ドライバCDを探す…探す…みつからない(;´Д`)Creativeのサイトに行って落としてきた*1。早速インストーラーを起動…Extigyを認識しないというお言葉、何をやってもインストーラーを進められない。


そうだ思い出した、Extigyは添付CDROMからでないとドライバが入らない、DLできるドライバはそれ単体でインスコが出来ない。つまりCDROMをなくすとインストールできない…だから俺はこれを押し入れに放り込んだんだった…。

これではUSBオーディオとして認識して、再生ができても前面のボリュームとかがデッドになってしまう。


悔しいので色々試行錯誤したらDLしたドライバファイルを無理やり解凍すればドライバが引っ張り出せることに気づいた、eoやらなんやらで"EXT_FWR1.EXE"を解凍して出来るSBEXTFW1\EXT_FWR1\Drivers\Win2kにファイルが!デバイスマネージャーでドライバの更新で読み込ませると無事Extigyとして認識しましたー。


でもまーやっぱりセットアッププログラムからはExtigyとして認識してくれません。
まあいいや、ドライバがはいれば前面のボリュームとか動いたし…。添付アプリなんて邪魔なだけだし…

というCreative SoundBlaster ExtigyのTips。


さて、これでドライバがはいったから、CPU負荷も低いだろう…ってやっぱりCPU負荷がTAKEEEEEE(;´Д`)なんなん!捨てたい!

ふと気づくとUSBのハブ接続されている。ハブをはずして直結すると…。


…あれれ?めちゃくちゃすっきり認識しましたよ?ヽ(´ー`)ノCPU負荷もちょうひくいよ?そういうこと?Arvelのやつももしかして?(´ー`)ごめんよArvel